その他


“各種設定”パネルの“その他”タブでは、各種アプリケーションの隠し機能を設定できます。

ディスクユーティリティ:

  • ディスクイメージ(.dmg)を検証:ディスクイメージをマウントしたときの検証処理を有効/無効化できます。
  • 他のディスクイメージ形式を追加:ディスクイメージを変化したりフォルダからディスクイメージを作成する際に、選択できるディスクイメージの形式を追加します。ただし空のディスクイメージの新規作成はできません。
  • デバッグメニューを表示:ディスクユーティリティのメニューバーに“デバッグ”メニューを追加します。
  • ディスク作成後に検証:ディスクを作成した直後の検証処理を有効/無効化できます。

ヘルプビューア:

  • ウインドウをフローティングモードに設定:初期設定では、ヘルプビューアのウインドウはフローティングウインドウ(他のすべてのウインドウよりも手前に表示される)として表示されます。この項目のチェックを外すと、他のウインドウと同様の表示形式になります。また、ヘルプビューアのアイコンがDockおよびアプリケーションスイッチャー(コマンド+tab)上に表示されるようになります。
  • Dockおよびアプリケーションスイッチャーにアイコンを表示:初期設定では、ヘルプビューアのアイコンはDockおよびアプリケーションスイッチャー上には表示されませんが、この機能で表示/非表示を切り替えられます。
  • デバッグモード:システムログ(/private/var/log/system.log)にヘルプビューア関連の情報を出力します。

X11:

  • アプリケーションを終了する際に警告メッセージを表示: X11アプリケーションを終了する際の警告メッセージ表示を有効/無効化します。
  • X11起動時に実行:X11の起動時に自動起動するアプリケーションを選択できます。

画面共有:

  • Bonjourブラウザを表示:Bojourプロトコルで利用可能なマシンのリストを表示/非表示にします。
  • フルツールバーを表示:画面共有時にフルツールバーを表示/非表示にします。

Dashboard:

  • Dashboardおよびウィジェットを使用:この項目をチェックすると、DockのDashboardアイコンをクリックすればウィジェットが表示されます。
  • Dashboardのデベロッパモードを使用: Dashboardウィジェットをデスクトップ上に表示して使用できるようになります。この項目をチェックして“続ける”ボタンをクリックするとDockが再起動されます。次にアップルメニューから“システム環境設定…”を選択し、“ExposéとSpaces” アイコンをクリックして、Dashboardのキーボードショートカットを設定します。
    • ウィジェットをデスクトップ上に表示するには、DockのDashboardアイコンをクリックするか、または設定したキーボードショートカットを押します。お好きなウィジェットをクリックしマウスボタンを長押ししながら、キーボードショートカットを押してDashboardを隠します。するとウィジェットがデスクトップ上に残り、他のアプリケーションと同様に使用できるようになります。デスクトップ上に表示できるウィジェットの数に制限はありません。
    • デスクトップからウィジェットを削除するには、マウスボタンをクリックして長押ししたまま、Dashboardのキーボードショートカットを押します。Dashboardが表示されたらマウスボタンを放し、再びキーボードショートカットを押してDashboardを隠します。
  • 新規ウィジェット追加時の波紋エフェクトを停止:Dashboardに新規ウィジェットを追加する際に表示される波紋エフェクトを有効/無効化します。

他のアプリケーション:

  • Apple Remote Desktop:Apple Remote Desktopのメニューバーに“デバッグ”メニューを表示します。
  • iCal:iCalのメニューバーに“デバッグ”メニューを表示します。
  • iChat:iChatでのデータ検出の利用を有効/無効化します。データ検出は、特定の種類の情報を検出し、メニューから適切な操作を実行できる機構です。
  • ターミナル:ウインドウフォーカスを使用すると、マウスポインタを重ねたターミナルウインドウが手前に移動します。
  • Interface Builder:Interface BuilderでAppleScriptインスペクタを使用可能にします。バージョン3.2以降、初期設定では停止されている機能です。

“省略時設定に戻す”ボタンをクリックすると、OnyXや他のアプリケーションで施した変更がすべてキャンセルされます。実行後は、各種設定がリセットされ、システムの初回インストール直後と同じ表示になります。

コメントを残す