隔離設定


※この記事はClamXav – Preferences – Quarantine Preferencesの日本語訳です。

隔離設定

ClamXav 隔離設定

このセクションでは、検出した感染ファイルを自動的に移動するフォルダを設定できます。

設定するには、“隔離フォルダを設定…”ボタンをクリックし、感染ファイルの移動先となるハードディスク上のフォルダを選択します。ボタンの左側にあるチェックボックスをクリックすれば、隔離機能自体を入/切できます。フォルダを設定すると、そのパスがチェックボックスのすぐ下に表示されます。設定の削除はできませんが、変更は可能です。

この機能の使用にあたってはご注意ください – メールボックス内のあるメッセージが感染していた場合、この機能を使うとメールボックス全体を本来あるべき場所から移動してしまい(Apple Mail他いくつかのクライアントを除く)、メールが消失し操作不能になってしまう可能性があります!たいていの場合、元の場所に戻せばよいのですが、概して容易な作業ではなく手順の説明も不可能です。そのような状況に陥った場合は、開発元のWeb フォーラムを見れば役立つアドバイスがあるかもしれません。

コメントを残す