OnyX for Yosemite:多機能メンテナンス&カスタマイズユーティリティ


OnyX_YosemiteOnyXはOS X用の多機能ユーティリティ。

起動ディスクやシステムファイル構成の検証、システムメンテナンスタスクの実行、FinderやDock他Apple純正アプリケーションの隠し設定の変更、キャッシュの削除、ファイルやフォルダの削除などが可能。

日頃のメンテナンスにはもちろんのこと、自分の好みに合わせてYosemite環境をカスタマイズするのも、これ1本あればOKです。

ま、細かいことはマニュアルをご覧ください(手抜き^^;)。

その他詳細

  • システム要件:OS X 10.10(Yosemite)以降、Intel Mac
  • 種別:フリーウェア
  • 開発元:Titanium’s Software www.titanium.free.fr/

更新履歴

  • 2.9.7(2015/05/21)
    GUIを改良
    起動時のディスク検証を改良
    インターネットキャッシュの削除を改良
    sqlite3を3.8.10.1に更新
    ヘルプを更新
    韓国語ローカリゼーション
  • 2.9.6(2015/04/06)
    インターフェースを改善
    各種設定パネルを整理
    情報パネルを改善
    新機能:LaunchPadのリセット、ログインウインドウのバックグラウンドイメージ変更、Spotlightメニューバーアイコンを隠す/表示、ホットキーでメニューバーおよびDockの明暗を切替、ヘルプタグの表示速度設定
    インターネットキャッシュ・ログ・診断ポートの削除を改善
    再起動・システム終了ルーチンを変更
    エラー管理の改善
    インドネシア語に対応
    オランダ語・日本語ローカリゼーションを更新
    sqlite3を3.8.8.3に更新
    ヘルプを更新
  • 2.9.5(2015/01/25)
    XPCキャッシュの再構築オプションを追加
    ログ削除を改良
    sqliteのバージョンを3.8.8.1に更新
    トルコ・ハンガリー・ポーランド・オランダ・ロシア・韓国・カタロニア語ローカリゼーション
  • 2.9.3(2015/01/02)
    SMART状況検証機能を削除
    初期設定ファイル検証機能を削除
    検証パネルを削除
    アンインストールを改良
    ヘルプを更新
  • 2.9.3(2015/01/01)
    SMART状況検証時の不具合を修正
  • 2.9.2(2015/01/01)
    sqlite3のバージョンを3.8.7.4に更新
    最近使った項目を削除する際の不具合を修正
    ルーマニア語ローカリゼーション
    情報パネルの細部を修正
  • 2.9.1(2014/12/01)
    最近使った項目を削除する際の問題を修正
    仮想メモリのオン/オフ機能を修正
    DNSキャッシュ消去時の問題を修正
    インターネットキャッシュ、ログの削除を改善
    プログレスバーを改善
    情報の表示を改善
    sqlite3のバージョンを3.8.7.2に更新
    SMART状況の検証を使用不可に(一時的な変更)
    その他細部の修正
  • 2.9.0(2014/10/28)
    イニシャルリリース