Post with Tweetbot:Safariで表示中のWebページをTweetbotでツイート


【2013/10/26追記】Tweetbot v3とv2.8.x併用時の対処方法を追記しました。

iPhoneやiPod touch、iPadのSafariでブラウズしているWebページをTweetbotでTwitterに投稿するブックマークレットです。

Tweetbot用のブックマークレットを作ってみた – ふぁずるのきまぐれで紹介されていたものが一部ページでうまく動作しなかったので、改造してみました。

具体的には、例えばこのブログのようにURLに“?ほげほげ”が含まれる場合でも、きちんとURLを取得しTweetbotのツイート作成画面にペーストされるようになったはず。

で、下記が改造後のコードです(注:2011/06/08および2012/05/06に修正しました1);

javascript:window.location='tweetbot:///post?text=[link] '
+encodeURIComponent(document.title)+' : '+encodeURIComponent(encodeURI(window.location.href))

 

iOSでのインストール方法は以下のとおり;

  • iPhoneやiPod touch、iPadのSafariでこのページを開いてください。
  • こちらをタップ。
  • このブログのトップページが表示されますが、ブックマークに追加。
  • ブックマークに名前をつけます(“Post with Tweetbot”等)。ここでいったん保存。
  • Safariのブックマークを開き“編集”をタップし、“Post with Tweetbot”の“>”をタップ。
  • アドレス先頭から“http://ewa4618.vjck.com/?”を削除、“javascript:~”から始まるようにして保存します。

使い方ですが、SafariでWebページを表示している状態で、下のバーからブックマークアイコンをタップします。

次に、ブックマーク画面で“Post with Tweetbot”をタップ。

するとTweetbotが起動してツイート作成画面が開き、先ほどのWebページのタイトルとURLが自動的に転記されます。あとは追記などして“ツイート”ボタンをタップすればOK。

Tweetbot側でURL短縮サービスを選択してあれば、URLが短縮された形で投稿されます。

なお、Tweetbot for Macでも使えます。

Safari等Webブラウザ(注:Google Chromeでは動作しません)のブックマークバーに上記リンクをドラッグ&ドロップし、ブックマーク管理画面で名前とURLを変更すればOK。

日本語を含むURLでトラブルが発生する場合は、最後のencodeURIを削除して

javascript:window.location='tweetbot:///post?text=[link] '
+encodeURIComponent(document.title)+' : '+encodeURIComponent(window.location.href)

 

と変更してみてください。

Tweetbot v3とv2.8.xを併用している場合、後者の方が優先されてしまいます。

v3の方で利用したい場合は、

javascript:window.location=‘com.tapbots.Tweetbot3:///post?text=[link] '
+encodeURIComponent(document.title)+' : '+encodeURIComponent(encodeURI(window.location.href))

 

と変更してみてください。


  1. @haziさん(http://hazi.in/)のご指摘に感謝。