Dockを再起動するアプリケーション/サービスをAutomatorで作成


いささか古いネタですが、掘り起こしてみるテスト。

Mac OS Xでは時折Dashboardが落ちてしまうことがありますよね。Dashboard本体はDockに内蔵されているのでDockを再起動すれば直るのですが、手順的には

  • アクティビティモニタからDockを選択して「プロセスを終了」をクリック
  • ターミナルを起動してコマンドを入力

のどちらかが必要。いずれにせよ、ちと面倒なのは否めません。

そこで、ダブルクリックするだけでDockを再起動するアプリケーションをAutomatorで作成してみよう、というわけです。

作成方法は非常にかんたん;

  1. Automatorを起動。
  2. ワークフローのテンプレートから「アプリケーション」を選択。
  3. 左の「ライブラリ」から「ユーティリティ」を選択。
  4. 「シェルスクリプトを実行」アクションをウインドウ右にドラッグ。
  5. 入力欄に“killall Dock”と記述。
  6. アプリケーションとして保存。
[caption id="attachment_279" align="aligncenter" width="300" caption="作成中のAutomatorウインドウ(クリックで拡大)"]Restart_Dock[/caption]

 

…これだけ。

アプリケーション名はとりあえず“Restart Dock”や“Dock を再起動”などとしておけばいいでしょう。

サービスに追加

また、アプリケーションとしてではなくサービスとして保存すれば、アプリケーション名メニューの“サービス”のいち項目として、いつでも選択可能になります。

 

さらにこのサービス項目に対し、システム環境設定の“キーボード”でキーボードショートカットを割り当てることも可能。キーボードショートカットでの操作に慣れている中〜上級ユーザの方には、こちらの方が便利かも。