TweetbotのTips


TweetbotTweetbot - 個性あふれるTwitterクライアント - Tapbots のTipsをいくつかご紹介します。随時更新。

Tweetbot | マニュアルもあわせてご覧ください。

※画像はクリックで拡大表示されます。

基本的な操作方法はヘルプをご参照ください

Tweetbotをインストールし初めて起動したとき、ウェルカムメッセージの直後に基本操作を解説したヘルプが表示されます。まずはしっかりと目を通してください。


なおこのヘルプは、“設定”>“サポート”>“ヘルプを表示”をタップすれば、いつでも表示できます。

リストの表示と管理

Tweetbotが他のTwitterクライアントと大きく異なるポイントのひとつに、リストの表示方法があります。

すでに作成/フォロー済みのリストを表示するには、画面上部のナビバー中央の“タイムライン”をタップします(パソコンやタブレット端末でご覧の場合、下図左上)。するとリストの一覧画面が表示されます(同右上)ので、そこから表示したいリストをタップすると、メイン画面がリスト表示に切り替わります(同左下)。

画面下部のタブバーから選択できるリストセクション(同右下)は、あくまでリストを管理(作成・編集・削除)するための画面で、こちらからはリストの表示はできませんのでご注意ください。


タイムライン上の最新ツイートへジャンプ

タイムラインを更新した後、一気に最新ツイートまでジャンプするには、画面最上部のバー(時刻などが表示されているエリア)をタップします。すると一気にタイムラインが最新ツイートまでスクロールし、未読ツイートが0件になります。この画面最上部までジャンプする操作は、Tweetbotだけでなく他のiOSアプリケーションでも有効です。

バージョン1.0.2以降では、タブバーボタン(タイムライン、@関連)をダブルタップしても同様の結果が得られるようになりました。



ユーザ名/ハッシュタグの入力補完

新規ツイート作成時にユーザ名を入力する場合、ツールバー上のユーザピッカーボタン(人のシルエットのアイコン)をタップして文字を入力すれば、キーボード上のバー上に該当するユーザの候補が表示されます1

ハッシュタグも同様に、ハッシュタグピッカーボタン(荷札/タグのアイコン)をタップすれば、候補から選択できます。日本語ハッシュタグには1.5で対応します。



新規ツイート作成時のアカウント切替

複数のアカウントを設定済みの場合、どのアカウントからでも、別のアカウントで新規ツイートを投稿できます。新規ツイート作成画面の上部バーの“新規ツイート”をタップすれば、アカウント選択画面が表示されます。



ツイート内のリンク長押し

ツイート内に貼られたリンクを長押しすると、“あとで読むサービス2に送信”・“URLをツイート”・“Safariで開く”・“URLをメール送信”から選択できるメニューが開きます。

例えば“Instapaperに送信”をタップすると、あらかじめ設定されたInstapaperアカウントにリンクが保存され、あとでInstapaper上でじっくり読むことができます。


ランドスケープ(横向き)表示

バージョン1.1以降では、画面のランドスケープ(横向き)表示が可能になりました。ただし、ツイート作成画面・イメージ/ビデオ表示画面・Web表示画面のみに限られます。


返信作成時に元ツイートの内容を見る

返信を作成する際に元ツイートの内容を確認するには、画面を下方向にフリックします。

位置情報の確度を上げる

デフォルトでは、位置情報は国→州都道府県→都市のレベルまでを取得する設定になっているため、実際の場所と大きくずれてしまう場合もあります。正確な位置情報を取得したい場合は、位置情報アイコンをタップし、“緯度・経度を使用”を選択してください。


  1. アプリケーションにキャッシュされているユーザからの選択となります。
  2. 設定>アカウント設定>あとで読むから設定可能。現状ではInstapaper Instapaper - Marco Arment、Read It Later Read It Later Pro - Idea ShowerReadabilityPinboardから選択できます。