名盤:“Hi Infidelity” by REO Speedwagon



iTunes Storeリンク:残念ながらなし


米国のロックバンドREO Speedwagonの出世作となった、1980年の作品。

実力があるにもかかわらずヒットに恵まれず、長らくローカルバンドとしての地位に甘んじていた彼らですが、デビューから11作目の本作が思わぬ大ヒットとなり全米第一位を獲得し、晴れて一流バンドの仲間入りを果たしたわけです。“Keep on Loving You”や“In Your Letter”などのシングルヒットを産んだ本作から、バラードの名曲“Can’t Fight This Feeling”を含む次々作“Wheel’s Are Turnin’”あたりまでが彼らの絶頂期でした。音的には古き良きアメリカンロックの代表格といえるでしょう。

俺的おすすめは、気分を上向かせるには絶好の 1 曲め“Don’t Let Him Go”と、ドラマティックな展開で聴かせる 5 曲めの“Take It on the Run”。どちらもオリジナルメンバーGary Richrath(G)のギターソロがかっこいい。