iPadをデジタルソングブックにする:PDFビューアで歌詞を表示


iPadをデジタルソングブックにする:まずは歌詞カード作成の続きです。

前回では歌詞カードをPDFファイル化しました。次はその歌詞カードファイルをiPadに転送し、PDFビューアアプリケーションで表示すればいいわけです。

ではどのPDFビューアを選ぶか、という話になりますよね。選択肢はいくつかありますが、ここはやはり定番を。

Good Reader for iPad

App Storeリンク:GoodReader for iPad – Good.iWare Ltd.

これはやはり定評があるだけあって使いやすいし、動作も安定してます。日本語化されてないのが残念ですが1

PDF化した歌詞カードの転送ですが、Good ReaderにはWi-Fi経由のファイル転送機能がありますので、それを利用しました。

iPadをWi-Fi LANに接続し、Good Readerの画面右下の方にあるWi-Fiのアイコンをタップすると、左図のような画面が表示されます。“IP-address”欄にあるIPアドレスをメモしておきましょう。

次にMac上でWebブラウザ(Safariなど)を起動し、アドレス欄に先ほどのIPアドレスを入力します。

すると右図のような画面が表示されます。

この画面の下の方にある“ファイルを選択”ボタンをクリックし、歌詞カードのPDFファイルを選択します。

するとすぐ下に“Upload selected file”というボタンが表示されますので、それをクリックすれば、選択したファイルがMacからiPadへと転送されます2

歌詞カードファイルを転送し終わったら、適宜フォルダ分けするなどして整理しておきましょう。

例えば俺の“Lyrics”フォルダの内容はこんな感じ(左下図)。タイトルなどで検索もできます。歌詞を画面全体に表示した例が右下図になります3

これでiPadをソングブック化することができました。次回は実際にステージ上で使ってみることにしましょう。


  1. 「お前がやれ」というツッコミはなしの方向でひとつ^^;
  2. 複数のファイルを転送する際は、フォルダにまとめて.zip圧縮して転送し、Good Reader側で展開すればOKかと。
  3. “Hello, Goodbye” by The Beatles; Lyrics are property and copyright of their owners.