100万回生きたねこ


100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) 100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1512円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

この絵本との出会いはかれこれ15年ほど前。当時の知人に佐野洋子の大ファンがいて、ぜひ一読をとすすめられたのがきっかけでした。

最初は「よおし、いっちょ絵本でも読んでみるか、俺も猫好きだし、暇だからな!」などという軽い気持ちで手に取ってみたのですが…う”わーん、泣けたよぉ (つд`)

幾度も死んでは生き返ってきた猫が、100万回めの人生(猫生?)でやっと「生きる」ということの真の意味を見いだす…と身も蓋もないまとめ方をすればこうなりますが、読むたびに実にいろいろなことを考えさせられるお話です。ある意味、星新一のショートショート(「鍵」とか)と相通ずるものがあるかも。

老若男女問わず、特に「いい歳こいた大人が絵本なんか読めるか」などと勘違いしている俺みたいな奴にこそおすすめです。