名盤:“Rumours” by Fleetwood Mac



iTunes Storeリンク:Rumours – Fleetwood Mac


6年前の旧ブログより転載、加筆(;´Д`) でも歴史的名盤つーヤツですから。

Fleetwood Macの1977年作品。全米チャート第1位に31週もランクされ、トータル3,000万枚以上を売り上げた怪物アルバム。邦題は「噂」。まんまです。

Fleetwood Macは名ギタリストPeter Green率いる英国のブルース・ロック・バンドだったのですが、その後渡米。紆余曲折を経て、ポップデュオBuckingham Nicksとして活動していたStevie NicksとLindsey Buckinghamが参加し、ベーシストJohn McVieの奥方Christineと合わせて3人のソングライターを擁したウエストコースト系ポップス・バンドとして再生。このメンバーでの2作目にあたり、Fleetwood Macの名声を決定づけたのがこのアルバムです。

何でもこのアルバムの録音セッション中にStevieとLindsey、JohnとChristineの2組のカップルが別離したそうでして、その原因はStevieが男性メンバー全員と寝てしまったことにあるらしいと聞いたことがあります。ドロドロですねえ。

そんな大人の事情たっぷりのこのアルバムですが、各ソングライターのキャラクターが際立っていて、どこを切っても名曲だらけ。Stevie・Lindsey・Christineはヴォーカリストとしても三者三様にユニークで、シンプルなアンサンブルながら味わい深い、飽きのこないサウンドです。

おすすめはシングルヒットした“Dreams”、“Go Your Own Way”それに“You Make Loving Fun”あたりですが、やはりアルバム1枚丸ごと聴いてほしいですね。

ちなみにジャケット写真の右側がStevie Nicksですが、妖精になりたい子ちゃんだったようで、ヒラヒラな衣装をたなびかせて歌う姿がトレードマークでした。左側はドラマーのMick Fleetwoodですが、股間にタマタマが2つぶらさがっていて、実に男らしいですw