Google Chrome Mac版の日本語訳、ここがダメ-2


前回からの続き。

前回の記事に関してはさまざまなご意見をいただきました。当ブログにしては珍しく、一瞬ホッテントリ入りまでしてたようで。

で、ブコメ等を見ながら何気なくチェックしたのが、Chrome Mac版の英語UIはどうなってるか、という点だったんですが…

twitpic.com/3t71xy

例の“(P)”なんて付いてないんですよ。他のメニュー項目に関してもそう。ってことはつまり、少なくとも英語版はAppleの流儀に最低限合わせた表記になっているわけで、それを改悪しちゃうってのはMac版日本語リソース担当者の手抜きとしか思えません。ご一考ください > Googleの中の担当者の方。

  • 表示メニュー » 開発/管理
    – “デベロッパー ツール”は“デベロッパーツール”。
    – “タスク マネージャ”は“タスクマネージャ”。

    表示メニュー » 開発/管理

  • 履歴メニュー
    – “Home”くらい訳してくれ。もちろん“ホーム”で結構。
    – “戻る”は“前へ戻る”、“進む”は“次へ進む”。

    履歴メニュー

  • ブックマークメニュー
    – “ブックマーク マネージャ(B)”は“ブックマークマネージャ”。

    ブックマークメニュー

  • ウインドウメニュー
    – “最小化”、これはよくありがちな間違い。確かに英語では“Minimize”だが、Appleではこれに“しまう”という訳語を当てている。
    – “ズーム”も同様。これは“拡大/縮小”が正解。

    ウインドウメニュー

  • 設定メニュー
    ツールバー右端にあるレンチアイコンのメニュー。ここで事態は一気に血塗られるので、あらかじめ覚悟してから、下のスクリーンキャプチャを見てくださいな。

    設定メニュー

    もう敢えて四角で囲みませんけど、おわかりですよね。 “()”や不要スペースの特盛、これまでの指摘の総集編状態です。あまつさえ“切り取り”・“貼り付け”ってのは何なんだと。“カット”・“ペースト”でしょうに。ちなみに、英語版ではこのメニューはどうなってるかといいますと;

    設定メニュー(英語版)

    …どこにも“()”なんざ付いてやしないんです。

…メニューに関してはざっとこれくらい。あと環境設定の中にも何カ所かあるので、それは次回で指摘します。