EasyWMV:さまざまな動画をかんたん操作でiPhone・iPad用に変換


さまざまな形式の動画ファイルを、QuickTimePlayerやiPhone・iPod touch・iPad・AppleTVなどで再生可能な形式に変換・サイズ変更するアプリケーション。手持ちの動画をiOS機器で見たい方にオススメ。

変換エンジンにはオープンソースのFFmpegを採用し、H.264エンコーディングにも対応。

まずインスペクタでいくつか基本的な設定をしておけば、あとは変換したいファイルを個別に、あるいはフォルダごとメインウインドウにドラッグ&ドロップするだけの、かんたん操作です。

主な特長

  • メインウインドウに動画ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで変換可能。複数ファイルのバッチ処理もOK。

    EasyWMV メインウインドウ

  • 変換可能な形式: asf、avi、flv、m4v、mp4、mpg、mpeg、mov、nsv、swf (無圧縮)、 vob、wmv、Real Media(※ただしDRMのかかったwmv等は変換不可)
  • 変換後の形式:mp4(H.264対応)、mpg
  • ビットレートは手動設定、またはソースに応じて自動選択(32〜320kbps)。
  • サイズの変更やインターレース解除も可能。

    EasyWMV インスペクタ

  • マルチコア/マルチプロセッサシステムに対応。
  • 変換した動画をiTunesライブラリに追加可能。

    EasyWMV iTunes設定

初心者〜中級者に最適、上級者には少々物足りないかも

2パスエンコーディングには非対応、FFmpegの各種パラメータの操作も不可能なので、上級者には少々物足りないかもしれません。

しかし、小難しい設定はアプリケーションにおまかせ、ドラッグ&ドロップだけで変換できるお手軽さは、初心者〜中級者には最適でしょう。ウインドウの基本サイズが小さく、邪魔にならない点も好感が持てます。

裏ワザ

実はmkv(Matroska Video)ファイルやDivXファイルも、ものによっては変換できます。拡張子が.mkvや.divxのままではメインウインドウに追加できないので、.aviなどに変更してやればOK。


その他詳細



更新履歴

  • 1.5.6(2013/06/17)
    エラーレポートを改善
    フランス語版のtypoを修正
  • 1.5.5(2012/07/22)
    OS X Mountain Lionとの互換性・安定性を改善
    Retinaディスプレイに対応
  • 1.5.4(2012/06/22)
    Mountain LionのGatekeeperに対応
  • 1.5.3(2012/04/01)
    UTIサポートを改善
  • 1.5.2(2011/07/25)
    OS X Lionに対応
    UTIサポートを改善
  • 1.5.1(2011/01/15)
    中国語ローカリゼーションを修正
    ポルトガル語ローカリゼーションを追加
  • 1.5(2010/12/12)
    iTunes設定のアイコンをiTunes 10に合わせ変更
    libx264を2010/12/10 snapshotに更新
    FFmpegをSVN-r25935に更新
    バンドルアイデンティファイアを変更
    システム要件をMac OS X 10.5(Leopard)以降、Intel Macに変更